RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

少年サンデー第17号 【ハヤテのごとく!】

2010.03.26 Fri
第265話 「木の芽風」


さようなら。僕の好きだった人………。




別れ

ハヤテとナギとの間の強い。その絆は、お嬢様と執事と言う主従関係を超えたものであり、互いの結びつきをより一層強める物。
「絆」があるからこそナギは自らの手で王玉を砕き、財産をなげうってでもハヤテのためになろうとした。

そのことに気がついたアテネは、好きなハヤテのためを思い、いや、ハヤテのことを本当に大切に思っているため、お互いがそれぞれの道を歩いていこうとハヤテに切り出す。


10年前の2人は若かった。幼かった。幼いが故に、純粋に好きだという気持ちの向くままに過ごしてきた。
でも今は「大切な人」、「守りたい人」がいる。
それは強固な絆があるから。



hayate10032501.png


アテネは、ハヤテとナギとの間には割り込めないと悟ったのでしょう。だから2人を想って自分が引こうと思い、「さようなら」。
そして、幼き頃の楽しかった記憶。好きという気持ちに真正面から対峙した記憶。
それらに対する感謝の気持ちから出た言葉が「ありがとう」。




アーたんの優しさが垣間見られます。


スポンサーサイト
Theme:週刊少年サンデー感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:ハヤテのごとく! 感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<少年サンデー第17号 【はじめてのあく】 | HOME | 少年サンデー第17号 【神のみぞ知るセカイ】>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://bygzamsaikou.blog63.fc2.com/tb.php/375-022eef59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。