FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

少年サンデー第15号 【國崎出雲の事情】

2010.03.14 Sun
第九幕 「本当の敵は別!? 源玄衛の驚愕!!」

玄衛はやる気をだしてくれるのでしょうか・・・。

「本当の敵」とは一体何者?!







「玄衛を舞台に」

ショッピングモールで出雲のそばを離れ、なんとしてでも舞台には出演しないという構えの玄衛。
でもあっさりと出雲に捕まってしまいましたね。
玄衛は子供っぽいところが多いので、出雲にすら簡単に行動を読まれてしまうのですね。

帰りの車の中で出雲は玄衛にお前が出演してくれないと國崎屋が廃業の危機にあることを話しますが、ずっと玄衛は出雲のことを女の子だと思っていましたから、この話にも聞く耳を持たない訳でありまして。
そこで自分が女じゃないということを玄衛にわからせるために出雲がとった行動が、

izumo10031401.png

「俺は男だから胸は無えよ」と心の中で言っていそうな顔です。
それでもまだ玄衛は「……出雲、胸ちっちゃい。」と言って完全に女の子だと思っている様子。
まあ・・・こんなにかわいい子が男の子だなんて容易には信じられませんよね。ええ。ホントに。
結局舞台の出演者の用紙を見せてやっと信じてもらえましたが、そのあとちゃっかり柚葉に抱きついている玄衛・・・。





稽古場に帰ってきた出雲達。ここでさっそく稽古に入ります。
今回の演目は『鎌倉三代記』というもので、「互いの親が敵関係にある、許嫁の三浦之介と時姫…それでも時姫は三浦之介への愛を貫く――」物語のようです。

ここにきてもまだ玄衛は主役の三浦之介をやりたくないと子供の我がままのように言っていますが、デートしたらやってくれると言っていたのに約束が違いますよね。まったく。
izumo10031402.png

ほら、出雲はとても怒って・・・ない?!



うーん、玄衛の演技はやっぱり子供っぽさがはっきりと出ちゃっていますね。
今まで子役しかやってきていないからしょうがないとは言え、「大人の役」を演じようとする気概が無いとでも言いますか・・・。子役専門というのを言い訳にして、「大人の世界」から逃げているような気がします。


その後玄衛の両親が来て、歌舞伎の世界では無く子役として芸能界に入れると言って連れて行ってしまいます。
なるほど、これが「本当の敵」ですか。玄衛の本心はどうなのでしょうか・・・。
ああいう過保護な親のもとで育てられていたら、玄衛はずっと甘えた人になってしまいますよね。
だから出雲は玄衛を歌舞伎の世界に連れ戻そうと、
izumo10031403.png

なんだかノリノリです。


こ、これも役を演じるための練習の一環なのでしょうか?w




一肌脱いで”何を”するのか、次号が気になります。

スポンサーサイト
Theme:週刊少年サンデー感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:國崎出雲の事情 感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<少年サンデー第15号 【その他】 | HOME | 少年サンデー第15号 【はじめてのあく】>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://bygzamsaikou.blog63.fc2.com/tb.php/365-b720e988

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。