FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

少年サンデー第6号 【神のみぞ知るセカイ】

2010.01.07 Thu
女神捜索作戦、難航中です。

そして今号では新たな女の子が?!



女神と駆け魂、攻略の並行

女神はをエネルギー源としているから、攻略した女の子に対して冷たい態度をとるとその女の子の中にいる女神が弱ってしまう。
しかし天理は、再び恋愛をしろと言っているのではない。あくまでもほどほどに。

近づきすぎず、遠すぎず。絶妙な距離感をとることが桂馬には求められているんですね。
恋愛マスターの桂馬ならできる!




桂馬はただでさえ「駆け魂狩り」という役目があるのに、ここにきて女神も見つけろと言われたら大変ですよね。

でもディアナが言うには、姉妹たちが揃えば旧悪魔を再び封印することができるから、もう駆け魂を回収することも無くなり、桂馬はその役目から解放されると。

ということは・・・桂馬はギャルゲーやり放題の日々に戻れるんですね、わかります。




しかし「女神捜しが駆け魂狩りより大変だったら意味がない」。
当然ですね。


でも、駆け魂狩りは女の子を一から攻略しなきゃいけないし何人もいるのに対して、女神捜しは以前攻略した子にあたっていけばいいという分楽なんじゃないですかね?どうなんでしょう。








名家の女の子

ちひろたちのバンドのドラムが空白。
誰かいい人がいないものか・・・。

そこでエルシィはひらめいた!

10010601.png

エルシィさん、それ死兆星ですよ!
面白いひらめき方ですね。
やばい、急に北斗の拳読みたくなってきた。


で、エルシィの案は、吹奏楽部の人をバンドに誘うというもの。
へっぽこエルシィにしてはよく考えましたね。えらいぞ。


で、ちょうどいい感じの吹奏楽部員が、



10010602.jpg


五位堂 結(ごいどう ゆい)。

正確には吹奏楽部員(家族にやめさせられた)

舞島市で一番の歴史を持つ名家、五位堂家のお嬢様。

いやー、いい家柄のお嬢様は和服が似合いますな。似合うべくして生まれてきたような感じがします。






名家のお嬢様は「自由」が無いものです。

立派な人間になるように(立派な人間としていられるように)、親から与えられたことを消化し、吸収していく。

その「家」の人間としてふさわしい人間にならなければいけないからですね。

学業、お稽古を優先しているなら部活動などただのお遊びに過ぎないのかもしれません。

一方的に見えるけど、それだって家族が結のためになると思ってやっていること。

自由は無いけど、生きていく上ではなんの問題もない。むしろ恵まれているといえますね。





親が「型」の通りに育てようとするから、個人の考え・主張が通らない。これも名家に生まれた者の宿命。

本当は部活をやりたい。でもやれない。やらせてくれない

反抗することもできないから、ただただ従うだけ・・・。



これじゃあスキマもできてしまいますね。

スポンサーサイト
Theme:週刊少年サンデー感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:神のみぞ知るセカイ 感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<少年サンデー第6号 【ハヤテのごとく!】 | HOME | たまには麻雀でも>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://bygzamsaikou.blog63.fc2.com/tb.php/303-664779f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。